高血圧の対処法としてのストレッチ

 人間にとって、血圧をうまくコントロールするということはとても重要なことです。血圧が高いために、糖尿病などの生活習慣病が悪化することもありますし、心筋梗塞やくも膜下出血などの原因となり、予期せぬ人生の最後を迎えてしまうこともあります。そうならないためにも、高血圧を防ぐための取り組みをしなければなりません。その対処法の1つがストレッチです。
 一般的に血圧を下げるためには、塩分を控えた食事を心がけることや、野菜中心の生活にし、余分な塩分を排出するように努めるなどの対処法が考えられます。もちろんこれらは大切なことですが、それに加え運動も欠かすことはできません。運動をすることにより、基礎代謝があがり、太りにくい体になり、血圧の上昇を抑えることができます。しかし、いままで特に運動していなかった人が突然運動を始めるのは危険です。そこでまずはストレッチから始めます。ストレッチであれば、開いた時間に手軽にすることができるため、職場での休憩時間などにすることもできますし、負荷の大きい運動に比べ、長く続けることができます。しかし、ストレッチをする際にも注意は必要です。まず避けなければならないのが息を止めるということです。体を伸ばしている最中に息を止めてしまうと、血圧の上昇を招いてしまいますので、体を伸ばす時は息を吐くようにします。また、勢いをつけて、大きな負荷をかけるのも危険ですので、多少痛いくらいのちょうどいい無理のない程度でやめておくことも大切です。
 このように高血圧の対処として、ストレッチは大変有効です。高血圧を防ぐために、まずはストレッチから始め、少しずつ運動の負荷をあげていくことで、健康な体を作ることができます。